水着と歴史

水着に関連する情報

衣服の中でも、プール・海での運動や遊泳、潜水に使用するものを、水着と言います。水着は、「swimwear」、「swimsuit」、「swimming suit」と英訳されますが、その使用目的はバリエーションに富んでおり、それぞれの用途によって、デザインや構造、素材などの違いがあります。

海水浴は、水着を用いて行なうレジャーの1つです。海水浴は、現在では、一般人が楽しむことが可能ですが、古代から近世にかけては、海に面した地域の人々だけが行なうものでした。当時は、海水浴のために特別な衣服を着用する慣習がなく、下着や着古しの普段着、時には裸で水に入ることが多かったものと思われます。一方、ポンペイで見つかった壁画には、後のビキニによく似たツーピースの覆いを着けた女性が描かれています。後に、19世紀に入り、鉄道が発達すると、一般の人々が海岸へ赴くことが容易になりました。19世紀の海水浴には、上下そろいの衣服が使用されましたが、こちらは、「swimming suit」という言葉のルーツとなっています。その後、20世紀に入ると、バストの布地が深くカットされた袖なしのメリヤス製水着が登場することとなります。

こちらでは、水着の概要や特徴、歩んで来た歴史について、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、これから先、水着を購入したり、使用したりしようとお考えの方は、チェックして、実生活の中で役立ててみて下さい。


※外部リンク
水着の歴史の知識がついたら、水着のトレンドについて知ることもおすすめです。水着のトレンドが分かるサイトを紹介しますので参考にしてみて下さい ⇒⇒⇒ 水着 トレンド

メインメニュー

サブメニュー